ブログトップ | ログイン

輪の向くままに・・・

還暦を過ぎました。あとどのくらい自転車に乗れるんだろう?


by kanbeya2
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2年ぶりの爽やか信州&上州 其の弐

明けて日曜。早起きメンバーに付き合い、近くの町営温泉、千歳の湯へ。
お湯が熱~い!足すらつけていられませんデス。常連の先客さんにいろいろ教えていただき「ホントはしないんだよ」と少~し水を足してもらい、ようやく少しだけお風呂に入れました。いや~草津の湯はいいねえ~。
熱湯のおかげか筋肉痛で棒のようだった脚が少し回復・・・したような、しないような。
b0000209_226766.gif




宿近くの7-11で朝飯おにぎり2個。ワタクシの自転車旅は基本、こんな感じの貧乏ツアーです。
b0000209_2293834.gif
朝露に濡れたR292、草津志賀高原道路を上る。途中、軽装なローディが爽やかに「こんちは~」と声を掛けて抜いていく。ロードバイクって軽いんだね~・・・ってワタクシの自転車もロードバイクだよ。やっぱりエンジンの違いなのね、同じロードバイクとは思えん。
b0000209_22162146.gif
森林限界を越え、見通しの効くスキー場へ出ると
b0000209_2217759.gif
ほどなく殺生河原。
b0000209_22174465.gif
荒涼とした岩肌と硫黄の臭いが寂しさを誘う。いい感じ、この寂しさが旅なのよね。
さらに上ると
b0000209_22214815.gif
b0000209_2221592.gif
ワタクシが魅せられてしまった緑の高原ルート。
b0000209_22244816.gif
途中でガスに覆われイマイチな天候でしたが、
b0000209_22255463.gif
メンバーの日ごろの行いなんでしょうね。上るにつれて青空が広がり
b0000209_22263486.gif
白根山のレストハウス着。大勢の登山客で賑わう広場で名物のクマザサソフトを。味は・・・ノーコメントで。
b0000209_1501396.gif
ここからは多少のアップダウンはあるものの標高2,000mの稜線ルート。爽やかな風が吹く開放感のある空間はそりゃもう自転車乗りには最高の道です。一旦下って万座温泉への分岐を過ぎて上り返すと
b0000209_1535640.gif
ワタクシがずっと山田峠と思い込んでいた小ピーク。
b0000209_1554599.gif
ホントの山田峠はこの小ピークと渋峠の間の鞍部にありました。genさんによると「山田峠はむかしむかしの峠で松川渓谷(山田温泉側)から草津に下りたふるーい街道筋の峠になるので、今では鞍部になります」とのこと。な~んだ、ずっと勘違いしてた訳ね。genさん、ありがとうございました。
b0000209_1584131.gif
で山田峠が判ってすっきりした気持ちで上り返すと渋峠。今年もここに立つことができました。軽い達成感に浸りながら
b0000209_1513125.gif
群馬長野県境を越え
b0000209_15133717.gif
b0000209_15134985.gif
雄大な景観の山岳ルートを下る。横手山、熊の湯、蓮池と志賀高原のスキー場を走り高度を下げるにつれ、あの稜線の爽やかさはどこへやら
b0000209_151824100.gif
本来なら快適な緑の中の下りも路面から立ち上る熱気に気分が萎えて
b0000209_15205364.gif
お昼ちょうどに湯田中駅着。長野駅までの自走なんてとんでもない、ってことでここで自転車をパッキング。
右側の古い駅舎の日帰り温泉(ナント300円です。)で汗を流して、地方の私鉄にしては豪華すぎる(失礼)特急で長野へ。駅前の餃子屋(今回はなぜか中華ツアーでした)で旅の終わりの乾杯!で終わる訳がなく特急しなのの車内でも乾杯!

二日目のコース

二日間で距離122.71km 平均速度15.9km/h 最高速度57.2km/h

ご同行いただきました健脚メンバーの皆さん、随分お待たせしましたし、二日目は皆さんには物足りないコースで終わってしまい申し訳ありませんでした。あれがワタクシの限界です。
気まぐれなkanbeyaのことなのでまた唐突に企画してしまうかも?しれませんがこれに懲りずお付き合いいただければと思います。今回はどうもありがとうございました。
トラックバックURL : https://kanbeya2.exblog.jp/tb/18751679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mag at 2012-08-01 23:24 x
爽やか上州中華ツアー、楽しかったです♪
肉汁たっぷりの焼売美味しかった。
次回行くまでに春巻きを2本食べる方法を見つけないと(笑)
Commented by gen at 2012-08-02 15:58 x
草津では温泉に入る流儀があります。
頭にタオルを被り、頭から湯をかぶります。
何度も何度も繰り返します。
体が湯の温度になれてから、静かに湯に浸かります。

決してドボンと入ってはいけませんよ(笑)
Commented by kanbeya2 at 2012-08-02 22:02
>magさん

ホント、今回は中華ツアーでしたね。
 >次回行くまで・・・
また、行くんですね。ワタクシ、それまでに登坂能力を高めておかないとね。
Commented by kanbeya2 at 2012-08-02 22:06
>genさん

一緒に行ければいろんなことを教えてもらえて、もっと楽しかったんでしょうね、残念です。

草津温泉、静かに何度もチャレンジした上、薄めてようやく入れました。
あの湯の熱さになれるには数時間かかるのでは、と思うくらいの熱さでした。
Commented by pipa at 2012-08-03 00:07 x
爽やか信州、久しぶりでしたが、やっぱ最高でした。

登るのはきついけど、峠に着いたときの気分は最高ですね!

ボトルがなければ、登れませんでした。

ありがとうございました。

また、よろしくお願いします。
Commented by kanbeya2 at 2012-08-03 10:45
>papaさん

さすがに標高2,000mは爽やかでしたが、下ると暑さが余計に感じられて、爽やか信州改め熱闘信州でした。
また、遊んで下さい。
Commented by tsukasanohide at 2012-08-06 11:47 x
熱湯信州だ!
Commented by kuma at 2012-08-06 18:23 x
お疲れ様でした
草津温泉 熱かったですね!
一人で散歩をしている時 役所の前の足湯に浸かりましたが
足首の辺りが 熱くてひりひり 源泉は 一体何度有るんでしょうね  (笑~

二日目は 前日の疲れで 足が終わって 1000m上れるか心配してましたが 何とか上れ 念願の渋峠走れて 最高でした!

念願の 渋峠やっと 走ることが出来ました

湯田中で お風呂は大正解ですね  (笑~
Commented by kanbeya2 at 2012-08-07 21:52
>hideさん

熱闘信州・・・じゃなくて熱湯信州?
どちらもピンポーンでしたよ~。
hideさんがいたらもっと楽しかったのに・・・
Commented by kanbeya2 at 2012-08-07 22:00
>kumaさん

いや~、二日目、朝風呂の後、一人草津温泉を散策、旅を楽しむ余裕がありましたね、見習わねばいけないポイントです。
あの暑さの中、湯田中では躊躇せず輪行を選びました。一昨々年はソロで長野まで自走しましたが須坂辺りで茹って修行のようなサイクリングでしたので・・・

また、遊んで下さい。
by kanbeya2 | 2012-08-01 22:30 | ロングライドFOCUS CAYO | Trackback | Comments(10)