ブログトップ | ログイン

輪の向くままに・・・

還暦を過ぎました。あとどのくらい自転車に乗れるんだろう?


by kanbeya2
プロフィールを見る

九州はよかとこばい!耶馬渓

木曜日21時、我が家近くのコンビニでhideさんと合流して嬉し!楽し!の2泊4日の旅、始まり~始まり~
b0000209_06235561.jpg





木曽川を渡ってhimiさんと合流した後は若いお二人に運転を任せ、私は助手席でうつらうつらしているうちに800km超をワープして大分県中津の魚市場へ。
b0000209_06223263.jpg
市場の隅にポツンと立つ一軒家、うろこ食堂
b0000209_06222995.jpg
何故か?チャンポン・・・でも美味しかった。お腹を満たした後はまたクルマで移動して
b0000209_06223685.jpg
耶馬渓、クルマのデポポイントから絶景です。路面は濡れてるけれど空は晴れて気持ちいいサイクリングの予感・・・
b0000209_06223919.jpg
走り始めてすぐに
b0000209_06224267.jpg
青の洞門
b0000209_06224612.jpg
いきなりの担ぎ、でも禅海和尚の苦労に比べたら屁みたいなものです。
b0000209_06225379.jpg
先達の凄まじい気骨を感じながらトンネルを潜り
b0000209_06225961.jpg
恩讐の彼方の執念とは正反対のうららかな陽射しのオランダ橋を渡り、山国川を遡る。
b0000209_06230667.jpg
対岸に青の洞門の明かり取り窓、あの岩盤を手彫りで掘ったのは勤勉な日本人ならではの偉業かと思ったのだけど開通後は通行料を取ったんだとか・・・採算を考えた巨大事業でもあった訳ね。
b0000209_06231314.jpg
メイプル耶馬サイクリングロードは〇〇の景と名付けられた名勝奇岩が点在してて、シャッターチャンスには事欠かない。
b0000209_06232225.jpg
コンデジのkanbeyaでもとにかくカシャカシャとシャッターを切る(表現が古いね)。
b0000209_06233568.jpg
廃線跡のサイクリングロードもしっかり手入れされていて快適。
b0000209_06233878.jpg
ちゃりきを彷彿とさせるhideさんのガイドも景色に違わず素晴らしくて、楽しい。
b0000209_06234511.jpg
b0000209_06234891.jpg
b0000209_06235161.jpg
倒木を避けきれずに私がコケたりhimiさんがパンクしたりと景色以外のアトラクションもバッチリ?
b0000209_06235561.jpg
himiさんのパンク修理の間に抜け駆けして沈下橋から眺めた一ツ戸城跡。名古屋近辺では見られない山容、地質が違うんだろうね。
b0000209_06235839.jpg
b0000209_06240165.jpg
街から田んぼまでいたるところにユニークな人形たち・・・やまくにかかしワールドを通って
b0000209_06240434.jpg
ココまで走ってきた耶馬渓とは違う、渓谷美の魔林峡や
b0000209_22193176.jpg
深山幽谷の雰囲気な念仏橋
b0000209_06240846.jpg
b0000209_06241921.jpg
紅葉が映える猿飛千壺峡まで山国川を遡りUターン
b0000209_06241505.jpg
b0000209_06242211.jpg
帰りもユニークなかかしたちを楽しみ
b0000209_06242531.jpg
お昼はザ・めしや、チェーン展開してる同名の食堂とは違う(未確認)・・・一人では入るのをためらうような怪しげな雰囲気
b0000209_06242975.jpg
店のおばちゃんお勧めの本日限定のとろろそば定食、とろろも蕎麦もとり天も美味かった。最初の不安はなんのその、大正解のお店でした。
耶馬トピアの博物館でほぼ(-_-)zzzしてたけれど「恩讐の彼方に」を学んだ後は羅漢寺へ。
b0000209_06243287.jpg
滑りやすい石の階段をおそるおそる上り
b0000209_06243650.jpg
お詣り・・・てっぺんで撞いた鐘の音は煩悩のためか濁った感じだったけれど、更に滑りやすい下りもなんとか無事にクリアして
b0000209_06244202.jpg
中津に来たら、やっぱり外せないでしょ
b0000209_06244549.jpg
唐揚げだけで営業が成り立つ・・・中津市民のソウルフードな訳ね。
デポ地点に戻り、野趣あふれる温泉でまったりした後はまた高速に乗って宿へ。広くて快適・・・つまり分不相応なリゾートホテルで荷を解いた後は宿を出て
b0000209_06244948.jpg
事前にhideさんがイカの有無を確認してくれた漁師の店で、晩餐は鐘崎のイカ、甘~い。ゲソやペラの天ぷらも美味しかったし
b0000209_06245201.jpg
兜煮も美味かった。赤霧島でいい気分に酔っぱらって一日目・・・というか昨夜からなので二日目終了。

耶馬渓、スゴイの一言。今回走った他にも見どころいっぱい、何度も訪れなきゃ語れない名勝ですね。
鐘崎のイカ、こりゃもう言葉なし、朝も昼も夜も恐るべし、九州グルメ・・・
ホント、九州はよかとこばい。

hideさん、himiさん、ありがとうございました。




トラックバックURL : http://kanbeya2.exblog.jp/tb/26384329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himiyoshi at 2016-11-17 14:21 x
楽しかったです~。
耶馬渓がこれほどなものだとは、やっぱり現実に見てみないとだめですね。
まだ少し早かった紅葉、ピークの時はさらに素晴らしいんでしょうね。いつかまた行ってみたいです。

自然薯の蕎麦、イカの刺身、食の方も感動的でした^^
Commented by kanbeya2 at 2016-11-17 21:47
>himiyoshiさん

ホント、楽しかったですね~!
耶馬渓、わたしたちはどのくらい踏み込めたのでしょうか?
完走するにはどのくらい通えばいいのかな。
また行きたいですね。

長時間の運転、パンク修理のアトラクション、お疲れ様でした、ハハ。
Commented by tsukasanohide at 2016-11-17 22:17 x
私ゃ~後部座席でしっかり寛がせてもらったけど、kanbeyaさんはずーっと助手席でお疲れ様でした。
きっと疲れていたから落車されたのでしょう。
ひみさんのパンクは笑いながら写真撮りまくりでしたが、kanbeyaさんのはよー写真撮れませんでした^^;
これに懲りず、またお付き合いください。
Commented by kanbeya2 at 2016-11-18 04:29
>hideさん

ありがとうございました。
アハハ、落車は優柔不断のkanbeyaならでは結果で、倒木をhideさんのように乗り越えるか、himiさんのように避けるか、それともkanbeyaオリジナルで対応すべきか・・・kanbeyaオリジナルtって何?と考えてるうちにコケてしましました。
証拠写真を撮られないよう、素早く復活したことには決断力があったんですが・・・
こちらこそ、またよろしくデス。
Commented by (´(エ)`)ノ kuma at 2016-11-19 14:15 x
見所満載のルート
行きたかったな~~~

沢山のかかし ユーモラスいっぱい楽しそう!
Commented by kanbeya2 at 2016-11-20 21:35
>kumaさん

ご一緒できなくて残念でした。
耶馬渓、いいところでした。紅葉に奇岩にかかしに渓谷美、おまけにグルメに羅漢寺。
楽しいサイクリングでした。
九州、病みつきになりそうです。
Commented by kumo at 2016-11-22 22:00 x
旅してますよね!
今回の自転車旅、なかなかのプランですよね、行きたかったなぁ~。
また、この季節ががいいのですよね。黄昏た山々の木々が旅を盛り上げますし、食を誘いますね!
私もイカ大好きなのですがこれは絶品ですよね!
Commented by kanbeya2 at 2016-11-23 17:51
>kumoさん

ホント、素晴らしい企画でした。
ロケーションも季節も、グルメも、仲間も・・・
耶馬渓もほんの端っこに触れただけ、まだまだ奥深そうなので再訪必至ですね。
来年かな?
by kanbeya2 | 2016-11-17 06:01 | ロングライドFOCUS CAYO | Trackback | Comments(8)