ブログトップ | ログイン

輪の向くままに・・・

還暦を過ぎました。あとどのくらい自転車に乗れるんだろう?


by kanbeya2
プロフィールを見る

新しい趣味

b0000209_17343023.jpg
近頃、コーヒーの自家焙煎を楽しんでいる。
数年前、kakoさんが七輪で手網焙煎してるのを見て意外に簡単な器材で焙煎できることを知った。さらに、この春頃にネットでコーヒーの生豆(きまめ)が思いのほか安いことを知って手探りでやってみたところ、これが奥が深いというか面白い。
今では数種類の生豆をストックして週に何度かの自家焙煎。
プロの製品には及ぶべくもないけれど自家焙煎ならではの新鮮さがいいのか最初からそれなりに美味しいコーヒーができるし、焙煎中の香りが家中に漂うのも悪くない。

つまり、ハマってしまったのね。






焙煎方法はネットにたくさんupされてるのでそちらを参考にしていただくとして、先ずは我が家の焙煎ツールの紹介です。
b0000209_17342738.jpg
最初はフライパンで焙煎してたのだけど炒りムラが多いので、途中からはミルク缶焙煎に変更。
我が家ではミルク缶が手に入らないので、ダイソーで150円で売ってるオイルポットを代用。底に穴を空けてL字金具と木っ端でハンドルを付ければ出来上がり。見た目は悪いけれど機能は十分果たしてくれてます。油こし用の内蓋もアルミホイルを張って排気ダンパー替わりに。
これで100~150gの豆が焙煎できます。
b0000209_17343363.jpg
タイマーも焙煎後の冷却に使うザルも100均。
100均ってなんでもあるのね。コーヒー焙煎と一緒に100均巡りにもハマりつつあります。
b0000209_17342400.jpg
我が家の焙煎ツールで最も高価なのがカセットコンロ。最初は我が家のガスコンロで焙煎してたのだけれど空炊防止機能が頻繁に作動してしまうのでカセットガスコンロに落ち着く。
写真のブリキの円筒(煙突用ニップルというものだそうです。)はホームセンターでたまたま見つけたモノですが、焙煎時に出るチャフ(コーヒー豆の薄皮)の飛散防止とコンロの火力を守る風防替わり。カセットコンロの五徳を外して置くだけ、ずぼらで工作が苦手なわたしには優れもののアイテムです。

半年あまりの薄っぺらな経験では、コーヒーの風味は豆の種類よりも焙煎具合によるところが大きいのが現状ですが、
そこは個人の趣味なのですから
「今日のマンデリンは苦みが浅いな」とか「さすがコロンビア、バランスがいい」なんて通ぶって言ってみたいじゃないですか。
今までネット通販で購入した生豆は16kg。
コーヒー焙煎、まだまだ端緒についたばかりですが備忘録替わりにこのブログを使うことにしました。

トラックバックURL : http://kanbeya2.exblog.jp/tb/26262799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kako at 2016-10-10 14:18 x
ええぇぇぇ~~~16㎏ってはまりすぎです(笑)
ガスは手軽ですが、炭の方が香りが断然良いと思います。
実はガスはやった事ないんですが、たき火でやらせてもらったり、安いバーベキュー用の炭でやったりしたら、備長炭の凄さを思い知らされました。
たき火でも備長炭用の木?だとホント香りが全然違います。
私はタイ豆一本ですが(笑)タイでも豆の鮮度で全く違うので、他の豆まで手を出したら大変なことになりますね。
Commented by (´(エ)`)ノ kuma at 2016-10-10 17:04 x
コーヒーの自家焙煎ですか
なかなか 高尚な趣味ですね
豆の良い香りが家に充満して たまらないでしょうね

簡単にできるなら 一度やってみようかな?
Commented by tsukasanohide at 2016-10-10 18:41 x
自分でやるときっと格別の味になるんでしょうね~^^
同じ飲み物でも私は最近、バーボンにハマっています。
もちろん自分で作れるわけもなくアイスボールでコロコロやっているだけですけどね^^;
Commented by kanbeya2 at 2016-10-10 21:42
>kakoさん

やっぱり、買い過ぎですよね~。
でも生豆販売のHPを見てるとあれも美味しそうだ、これも試したいと食指を延ばしてしまいまして、さすがにブルーマウンテンとかハワイコナとかの高価なモノには手が出ませんが我が家には今、10種類7kg超の生豆のストックがあります。
炭火、遠赤外線効果でしょうか。憧れてはいるのですが固形燃料はコントロールが難しい。準備も後始末も大変だし・・・ミルク缶焙煎をクリアしてからの課題ですね。

タイのコーヒー豆、初めて聞きました。東南アジアではインドネシア、ラオス、ベトナム、中国くらいしか知らない。きっと貴重な生豆なんでしょうね。
Commented by kanbeya2 at 2016-10-10 21:53
>kumaさん

自家焙煎、ミルク缶ならぬダイソーオイルポット焙煎器をカシャカシャ振り続けるだけなので高尚とは程遠いけれど、自分で焙煎したコーヒーは格別。
ネットには自家焙煎の情報が溢れているので、それを基本にまずは身近のフライパンやゴマ炒り器でチャレンジしてみることをお勧めします。
Commented by kanbeya2 at 2016-10-10 22:03
>tsukasanohideさん

ホント、自家焙煎を知るとハマっちゃいますね。
美味しさが一番の魅力ですが、コスパも優れもの。ワタシの購入する生豆は100g100円前後、スーパーの安売りのコーヒー豆も真っ青の安さです。
焙煎器をカシャカシャ振る時間的余裕があれば、是非、ご検討下さい。
Commented by himiyoshi at 2016-10-12 09:27 x
ゆったりした趣味ですね~。
やってみたい気もしますが、多分バタバタしちゃってそこまで余裕がまだ生まれそうもないです。でも美味しそうですね。

ゆとりが出来たらやってみたいです。
Commented by kanbeya2 at 2016-10-13 06:34
>himiyoshiさん

アハハ、自家焙煎は高尚でもゆったりでもなく、20分前後ミルク缶をカシャカシャ振る忙しい趣味なのですよ。
それにコーヒーの香りも魅力的ですが経済的メリットが大きい。やると分かりますが世間のイメージとは少し違う感覚です。

年金生活まであと少しの暇な年寄り向けの趣味ですね。
by kanbeya2 | 2016-10-09 20:56 | コーヒー焙煎 | Trackback | Comments(8)